ローズクォーツの石言葉もカラーセラピー の色の持つ意味も女性には良い紅水晶


ローズクォーツその美しいピンク色やローズ色から、和名を『紅石英』または『バラ石英』と呼ばれるローズクォーツ。
日本では透明度の高いものを"水晶"、低いものを"石英"と認識しているため、透明度の高いローズクォーツを"紅水晶"と呼ぶ傾向があるようです。



ローズクォーツの石言葉は愛と美の女神"アフロディーテ"の石とされ"アフロディーテ"に捧げられたバラ(ローズ)からこの名が由来するともいわれております。
カラーセラピーの色の持つ意味的に言ってもローズクォーツ(紅水晶)は女性の内なる美しさを輝かせてくれる石。ピンク色です。
ピンク色はカラーセラピーの持つ意味的にも女性を綺麗に肌をきれいに見せるのはピンク色とよく言われるのを知りませんか?
女性から恋愛運がよくなると人気の石のひとつです。
社会人として働き、忙しい日々を送っている女性には特にオススメのパワーストーンです。
数多くの愛の石のなかでも、代表的な存在です。
素敵な出会いや結婚を願う人は、アクセサリーとしていつも身につけていると良いといわれております。
posted by カラーセラピー at | パワーストーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。